お役立ち情報

【要注意】ESETの月額サービスを解約する方法と製品版に変更する際の注意点とは…?

トビタカ
トビタカ
本記事では、『ESETの月額サービスを解約する方法』と『製品版に変更する際の注意点』をご紹介しています。

解約のやり方と注意点とは…?

 

ESETの月額サービス解約して、製品版に変更したい…

 

セキュリティソフトのESETって、安全性が高くて動作も軽いので使いやすいですよね。

だから、ESETの月額サービスを解約して、製品版に変更したいという人も多いのではないでしょうか?

 

本記事では『ESETの月額サービスを解約する方法』と『製品版に変更する際の注意点』をご紹介しています。

この方法であれば、無駄なお金を支払うことがなくなるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

トビタカ
トビタカ
解約手順を図で説明しますので、本記事を見ながら解約することができますよ!
とび助
とび助
それは助かります!

ESETの月額サービスを解約して製品版に変更する際の注意点

解約手順の前に、まずは月額更新型から製品版に変更する際の注意点をご紹介します。

とび助
とび助
どうしてですか…?
トビタカ
トビタカ
お金を無駄にする可能性があるからです!

 

 

私が製品版に移行する前に使用していたESETは次の『6ヶ月のお試し版』です。

 

こちらの商品は6ヶ月目までは定額、7か月目以降は毎月330円の月額サービスに移行する製品になっています。

月額サービスはいつでも解約できるメリットがある反面、長く使う場合は製品版より高くなってしまう特徴があるのです。

私は「お試し期間が終了したら価格の安い更新版に変更すればいい」と考えていたのですが…

残念ながら、ESETの月額サービスから『更新版の製品』を使って製品版に移行することはできません!

つまり、更新版の製品を購入してしまうと、お金が無駄になってしまうのです。

とび助
とび助
マジっすか…?
トビタカ
トビタカ
はい!サポートにも確認しました!

ESETの月額サービスを解約する方法

ESETの月額サービスは製品版に更新することができないので、まずは次の手順を踏んで解約してしまいましょう。

とび助
とび助
あっ!でも解約したら、すぐ使えなくなるんですよね…?
トビタカ
トビタカ
いえ、月末まで使用することが可能なので、解約はいつでもOKです!

 

解約作業は約3分で終わります。

作業が必要な部分は青太字になっていますので、作業内容はそちらを参照して下さい。

 

まずは、下記のボタンをクリックしてCLUB ESETにアクセスしてください。(外部リンク)

 

次のようなログイン画面が表示されるので、①にメールアドレスを、②にライセンスIDを入力して、③のログインをクリックしてください。

esetログイン画面

 

すると次のメニュー画面が表示されますので、『各種設定』をクリックしましょう。

esetメニュー画面

 

画面が切り替わったら、下側にある『解約手続きを行う』をクリックします。

サービス解約画面

 

そしたら、現在契約中の『ESET インターネットセキュリティ1台エントリー』が表示されているはずです。

その横にある『解約』をクリックしてください。

eset製品選択画面

 

そして、表示される確認画面の『解約する』をクリックすれば、解約手続きは完了です。

eset解約確認画面
とび助
とび助
解約したらログインできなくなりました…
トビタカ
トビタカ
月末に自動解約されるので、ログインできなくても大丈夫ですよ。

 

一番得する製品版ESETの選び方

とび助
とび助
でも、新しく購入するESETって、どれを選んだらいいんでしょうか…?
トビタカ
トビタカ
ご紹介する方法で自動的に決まりますよ!

 

ESETの月額サービスを解約した後に気になるのは、『どのESETを選べばいいのか?』という点ですよね…?

いろいろな種類があって選びにくいと思うのですが、次の順序で購入する製品を選べば、カンタンに決めることができます。

自分に合ったesetの選び方

 

 

なぜこの方法で選ぶのがオススメなのかというと、臨機応変に台数を変更することができる上に、価格を抑えることが可能だからです。

では、先ほどのフローチャートを見ていきましょう。

まず、最初のポイントは『商品を選ぶのが面倒くさいかどうか』です。

『面倒くさい!』という方は5台3年のESET(新規購入版)を購入すれば間違いないでしょう。

created by Rinker
キヤノンITソリューションズ

とび助
とび助
もしかして、ふざけてます…?
トビタカ
トビタカ
いいえ。きちんとした理由があるんです。

 

 

新しくESETを購入する場合、ライセンスの台数を『1台・3台・5台』の中から選ぶことになります。

もちろん、更新する際にライセンスの台数を変えることはできるのですが、更新にはクセがあるんです。

それは、台数を増やすことはできるが、減らすことはできないという点。

 

つまり、パソコンやスマートフォンの台数に合わせたESETを選ばないと、お金を無駄にしてしまう可能性があるのです。

とはいっても、たかだか2000~3000円くらいなので、選ぶのが面倒であればライセンスを意図的に余らせておくのもアリでしょう。

とび助
とび助
調査の手間をかけたくなければ5台3年でいいってことですね!
トビタカ
トビタカ
そういうことになります!

 

きちんと自分に合ったESETを選びたい場合は、『ESETの使用期間』を決めてください。

現在、公式サイトから販売されているESETは1年版と3年版の2種類しかないので、まずは1年以上使用するかを決めましょう。

1年以内を想定しているのであれば、ESETを入れたい台数の1年(新規購入版)を購入すればOKです。

トビタカ
トビタカ
1年以内なら、追加のライセンスが必要になることも少ないので、この選び方になります。
とび助
とび助
なるほど〜。1年以上の場合はどうなんですか…?

 

1年以上の使用を想定している場合は、3年版の製品になります。

その場合、ESETを入れたい情報機器の台数を確認しましょう。

ここで注意が必要なのは、3年以内に新しいPCやスマートフォンを購入する予定があるかどうかです。

というのも、ESETを入れたいPCやスマートフォンの台数が増えると、面倒なケースになることがあるんですよ。

とび助
とび助
どういうことですか…?
トビタカ
トビタカ
追加の費用が発生する可能性があるんです!

 

Aさんは1年前に3台3年のESETを購入しました。

現在は、仕事で使っているPCとスマートフォンに導入しています。

Aさんには今年中学生になった双子の息子がおり、新しいスマートフォンを買ってあげることにしたのです。

 

このようなケースの場合、ESETを入れたいPC・スマートフォンの台数は2台から4台に増えます。

しかし、ライセンスは3台分しかないうえに、あと2年間の期間が残っている状態になるのです。

とび助
とび助
こういう場合はどうすればいいんですか…?
トビタカ
トビタカ
次のような選択をする必要があります。

 

この場合の選択肢
  1. 1台3年のESETを追加購入し、2人ともESETを導入する
  2. 新しく5台3年を購入し、2人ともESETを導入する
  3. 1人にESETを導入、もうひとりは2年間ノーガード
  4. 2人とも2年間ノーガード

 

①の場合は割高な1台分のESETを購入する必要がありますし、②の場合は現在のライセンスを無駄にすることになってしまいます。

その結果、余計な出費が発生してしまうのです。

お金を節約するために『セキュリティを入れない③④の選択肢』を選んだとしても、安全性に不安が残ります。

 

このように、3年間で何台にESETを入れたいか考えておかないと、お金か安全性を犠牲にすることになってしまいます。

このような事態にならないためにも、セキュリティソフトを購入する際は、3年以内に情報機器を追加購入する可能性があるかは考えておきましょう。

とび助
とび助
安心かお金か…難しいっす…
トビタカ
トビタカ
サイバー犯罪の検挙数は増加しているようなので、可能なら入れておきたいですね。

「犯罪発生の総数は減少しているが、サイバー犯罪は増加している」という傾向は確かだと考えられます.

引用:通信ソサイエティマガジン-SNSとサイバー犯罪対策

 

使用する台数が決まったら、下のリストから商品を選びましょう。

なお、更新版を購入しても使用できないので、必ず新規購入版を買うようにしてください。

created by Rinker
キヤノンITソリューションズ

created by Rinker
キヤノンITソリューションズ

まとめ

以上がESETの月額サービスを解約して製品版に変更する方法になります。

製品版を新しく登録するやり方は、別記事でご説明いたしますので、そちらを参考にしてください。

無駄なく効果的にESETを使って、安全なネットライフを過ごしましょう。

トビタカ
トビタカ
製品版は登録した日が使用開始日になるので、月額サービス解約後に登録しましょう!
とび助
とび助
分かりました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA