Profile

丘の上で逆行を浴びている男性のシルエット

この度は、当ブログ『トビタカ』に訪問していただき、ありがとうございます。

トビタカ
トビタカ
私が運営者のトビタカです!

 

『トビタカ』という言葉は、『鳶(トンビ)が鷹(タカ)になる』という造語の略で、私の決意を込めた言葉です。

その決意とは、『鳶が鷹を生む』と言われるように環境に身を任せるのではなく、「鳶から鷹になってやる!」という強い気持ちを持って、人生を切り開いていきたいというもの。

もう少し具体的に言えば、資産構築や本業に真剣に取り組んで将来への不安を減らし、自分の人生をしっかりと歩める状態を実現したいという決心です。

 

この状態を達成するために、当ブログでは将来の不安を解消するために役立つ『資産構築術』と『仕事術』をメインに発信していきます。

なので、ラクしてお金持ちになりたいという人は、私のブログを読んでも何の役にも立ちません!

「コツコツと成果と資産を築いて、自分の人生を歩んでいきたい」と思っているあなたに向けたブログだと考えていただければ。

昔の私のように、「これまで他人に流されて生きてきたけれど、自分の人生を生きてみたい!」と思っているのであれば、読んでいただけるとウレシイです。

 

ざっくり自己紹介

トビタカ
トビタカ
こちらが私の自己紹介になります!
  • 名前:トビタカ
  • 年齢:30歳
  • 性別:男性
  • 拠点:茨城県・栃木県
  • 職業:大手メーカー研究開発職
  • 学歴:MARCHレベルの理系大学
  • 専攻:機械
  • 家族:妻・長男・長女
  • 資産:1500万(2019年12月)
  • 投資:米国株主体の長期投資、DC年金
  • 趣味:読書、ドラム、子育て
  • 特技:タイピング、仕事のシステム化
  • 食物:コーヒー、麻婆豆腐
  • 音楽:メタル、クラシック
  • 好人:自分の考えを持っている人
  • 悩み:手汗・足汗
  • 信条:成功は再現しないが、失敗は必ず再現する

 

このザックリ自己紹介からでも分かる通り、私はたいした強みもない『The・凡人』です。

ですが、そんな私でも30歳で金融資産1500万を築くことができました。

仕事で効率よく成果を出すことで給料を上げ、節約や投資をうまくやってきたことで、地道に資産を構築してきたのです。

でも、振り返ってみると、私がここにたどり着くまでは決してラクな道のりではありませんでした。

 

仕事ができないポンコツ社員時代

真っ暗な部屋の窓から外を見ている男性の後ろ姿

現在は最短昇格してバリバリ仕事をしています私ですが、昔は『歴代ワースト』と言われるほどのポンコツ社員でした。

 

大学の研究がイヤで就職を決めたのに、私は研究所に配属されることになりました。

そのため、『やりたくないことをやらなければいけない』という辛い状況から、私の社会人生活はスタートしたのです。

もちろん、がんばって仕事に取り組んできたのですが、心の底から苦手だと感じていることはなかなか克服できません。

 

研究がうまくいかず、求められている成果を出せない日々。

自分は仕事ができない人間なのか…
また怒られるから会社に行くのが怖い…

私は、入社して1年も経たずに、出社することに恐怖心を抱いていたのです。

 

入社6ヶ月でデキ婚

空から舞い落ちる羽

そんな中、プライベートで転機が訪れます。

7年間お付き合いをしていた女性との間に子供ができたのです。

もちろん、結婚や出産に関して抵抗はありませんでしたが、気がかりな点がありました。

それは、自分の不甲斐なさです。

 

自分は家族を守っていけるのか?
仕事すらうまく行っていない自分が、きちんと子供を育てていけるのか?

 

改善のきざしが見えない現実と将来への不安に、私は押しつぶされそうになっていました。

 

突きつけられた現実

真っ暗な部屋に窓から差し込む光

守るものができた私は、もう一度仕事を全力でがんばってみることにしたのです。

研究データをプリントして自宅で分析したり、マクドナルドで報告資料の構成を練ったりしていました。

 

仕事ができない自分は、量でカバーしなければいけない

 

今の状況を変えるために、自分にこう言い聞かせて、家でも寝る前まで仕事に打ち込んでいたのです。

しかし、残念ながら、これらの努力が実を結ぶことはありませんでした。

当時の私は見当違いな努力をして、仕事を間違った方向に進めてしまっていたのです。

 

「いい加減、余計なことはするな!」
「いったい何をやっているんだ!全部やり直しだ!」

 

気づけば、上司から怒られる日々が続き、仕事の評価は最低ランク

後輩の方が給料が高いという状態になっていたのです。

 

もちろん、仕事が上手くいかない影響は、家庭にも暗い影をもたらします。

心の余裕がなくなったことで、子育てで疲れている妻に対して心無い言葉をかけてしまったのです。

気づけば、家では会話もほとんどなくなり、夫婦関係は離婚寸前まで悪化

 

仕事も家庭も全てうまくいかない…

 

蟻地獄にはまった蟻のように、いくらもがいても脱出できない自分…

私は「自分は何もできない」という無力感に完全に押しつぶされていたのです。

 

仕事の転機

穴から外を覗いている少年

しかし、入社2年目の冬、幸運にも私に転機が訪れます。

仕事帰りに立ち寄ったラーメン屋で起きた出来事から、『自分が仕事ができない原因』に気づくことができたのです。

 

その原因とは、『自分は仕事のゴールイメージを勝手に設定していた』ということ。

私はこの事実に気づいたとき、これまでのすべての努力が間違っていたことを思い知らされたのです。

 

翌日から私は「相手が求める成果を出すために何が必要か」を考えながら行動するようにしました。

すると、求められている成果を出すために必要な行動が分かるようになり、的外れな行動をすることがなくなったのです。

その結果、少しずつ仕事で成果を出せるようになっていきました。

 

「そうそう!そいうことだよ!」
「なんだ、やればできるじゃないか!」

 

気づけば上司から怒られることがほとんどなくなり、次第に仕事の裁量権も与えられるようになったのです。

このとき私は確信しました。

『自分が苦手だと思っていることは、正しいやり方を知らなかっただけ』だということを。

 

それから、私は「もっといい方法があるんじゃないか?」と感じたら、すぐに仮説を立てて検証するようになりました。

「間違っていたら修正すればいい」という考えを持って、自分の仕事のスタイルを変え続けたのです。

その結果、私は失敗を恐れずに挑戦できるようになり、どんどん仕事がうまく進むようになりました。

 

一難去ってまた一難

地下から地上を見上げる男性

仕事が上手く進められるようになると、心に余裕が生まれます。

家で仕事をする必要がなくなることで、子供や妻と向き合う時間を持てるようになるのです。

 

息子はこんなふうに笑うんだな…
妻と息子はこういう遊びをしているのか…

 

私はこれまで取りこぼしていた小さな幸せを取り返すように、行動を改めました。

その結果、なんとか夫婦関係を修復することができ、次第に会話も増えていったのです。

しかし、そんな矢先、息子にはある特徴があることに気づきます。

  • 数字が大好き
  • 言葉の発達が遅い
  • 落ち着きが無くて走り回る
  • 大きな声を出してしまう

 

これらは発達障害の子どもに見られる傾向です。

もしかしたら、息子は発達障害の可能性があるかもしれない…

そんな不安を抱えながら、私たちは3歳児検診を迎えることになったのです。

そして、その悪い予感は的中することになります。

 

「あなたの息子さんは発達障害のグレーゾーンです」

 

これが診断結果でした。

しかも、かなり黒に近いグレーという診断です。

 

いくら私たちも覚悟していたとはいえ、かなりショックでした

効果的な対処法どころか原因すらわからない発達障害

仕事がうまくいきはじめた矢先、先が見えない大きな壁に我が家はぶつかったのです。

 

前を向くことを決めた日

スーツのネクタイを締めなおしている男性

発達障害のグレーゾーンという診断を受けたあと、しばらく我が家には元気がありませんでした。

妻も私もがんばって家事や仕事に取り組もうとしても、将来の大きな不安が頭をよぎり、身が入らなかったのです。

 

そして、そんな時に私は上司から別室に呼び出されることになりました。

仕事に身が入っていない現状から、自分は他の部署に飛ばされると思ったのですが、思いがけない言葉をかけられたのです。

 

「昇格おめでとう!」
「正直、キミが最短で昇格するとはびっくりだよ!」

 

昨今の不況で弊社は昇格しにくくなっていたこともあって、私の最短昇格は完全に予想外の出来事でした。

給料が上がるのは素直に嬉しいのですが、家庭の事で悩んでいるときに仕事で新しく役割を担うことになり、さらなる重責が私にのしかかったのです。

ですが、私は昇格をいい節目と考えて、自分の考え方を変えることにしました。

 

仕事も家庭も、いろいろな方法を試して正しいやり方を見つければなんとかなるでしょ!

 

私は悲観的な考えを捨てて、前を向くことに決めたのです。

 

そして現在へ

歩いている男性の足元

その日から私は多くのことに挑戦するようになりました。

仕事で更に成果を出すために新しい仕事術を取り入れたり、家族の経済的不安をなくすために投資を勉強したり。

発達障害のグレーゾーンである息子をサポートできるように、勉強して療育や言葉かけを実践したりしたのです。

 

もちろん最初は失敗ばかりでした。

特に投資では失敗が続き、100万近い損失を出すことになりました。

でも、いいんです。 失敗しても小さな行動を積み重ねていくことで、見えてくるものがあるんですよ。

 

それは『再現性のある失敗方法』です。

 

成功した人と同じ行動をしても成功しませんが、失敗した方法は必ず再現します。

つまり、失敗した行動を知っていれば、その逆の行動を取ることで成功に近づけることができるんです。

 

その結果、今では仕事量が増えたにも関わらず残業も半分以下に減らすことができましたし、 夫婦で幼稚園に働きかけたことで息子をフォローしてもらう体制を作ってもらうことができました。

息子も楽しく幼稚園生活に通っています。

夫婦関係も完全に修復して2人目の子供にも恵まれましたし、 養育費などで出費が増えても、節約や投資を積み重ねたおかげで30歳で資産1500万を築くことができました。

仕事も家庭もダメダメだったあの私が、ここまで来ることができたのです。

 

本ブログで伝えたいこと

テーブルに置かれたカプチーノ

私はこれまで仕事や家庭、資産構築に関して、たくさんの試行錯誤を積み重ねてきました。

その経験を振り返ると多くのことに気づくんです。

 

あれは、どう考えても失敗するでしょ!
この方法は再現性が高い方法だな!
あの情報さえ知っていれば、もっと早く成果が出たのに!

 

本ブログに訪れてくれた『あなた』は、無駄なことや危険なリスクをなるべく減らしたいと考えているはずです。

だから、本ブログではあなたがなるべく遠回りしないように、私の経験から汎用性が高く効果的だと思った『仕事術・資産構築術』をメインに発信していきます。

 

もちろん、いくら凄そうな情報でも、あなたが実践できなければ意味がありません。

だから、大した強みのない私でもできた『再現性の高いノウハウ』を分かりやすい文章でご提供していきます。

私の書いた記事で、あなたの人生が少しでもいい方向に進むことができれば、とてもウレシイです。

トビタカ
トビタカ
どうぞよろしくお願いいたします!