プログラム

gccをインストールしたのに認識エラーが出たときの対処法とは…?

トビタカ
トビタカ
本記事ではgccの認識エラーを解決してWindowsで使えるようにする方法をご紹介しています。

『gccの正しいインストール方法』と『エラーを回避する方法』とは…?

ご紹介する手法であれば99%認識エラーが出なくなります。

他のサイトの対処法でもエラーが解決しない場合はぜひご覧ください。

 

gccをインストールしたのに、認識エラーが出て使えないんだけど…

 

あなたはWindowsでgccが使えなくて困っていませんか…?

私も頑張ってインストールしたgccを使おうとしたときに、次のようなエラーが出て困っていたんです。

‘gcc’ は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません。

引用:表示されたエラーより

とび助
とび助
私もこれで困ってます!
トビタカ
トビタカ
では、本記事を読めば解決すると思いますよ!

 

このエラーが出る原因は『インストールのミス』か『パス設定ができていない』かのどちらかです。

本記事では正しいインストール方法とパス設定の方法をご紹介しますので、エラーが出る場合は読み進めてみてください。

とび助
とび助
期待しています!
トビタカ
トビタカ
どうぞお手柔らかに…

gcc認識エラーの原因とは…?

先程お伝えしたように、gccが認識されないエラーは『インストールの失敗』か『パスの設定ミス』が原因です。

というのも、gccはExcelなどと同じ『アプリケーション』の一種なので、認識エラーの原因が2つに絞ることができるからなんですよ。

とび助
とび助
アプリであることがエラーと関係あるんですか…?
トビタカ
トビタカ
はい!Excelなどのアプリをイメージすれば、エラーの原因がわかりますよ。

 

次の論文で言われているように、gccは『コンパイラ』です。

GCCは一般的なランダムアクセスレジスタを装備したプロセッサ用のコンパイラである(以下略)

引用:FIT2005-GCCによるキュー・コンパイラ開発手法の提案

コンパイラは『コンパイルを行うアプリ』のことを指すので、gccもアプリだと言えます。

 

ここで、代表的なソフトウェアである『Excel』や『Word』を起動するときを思い出してください。

おそらくデスクトップなどにあるアイコンをダブルクリックしますよね?

実はそのアイコンって、『このフォルダにあるExcelのアプリを起動してね』という情報をWindowsに送っているんです。

トビタカ
トビタカ
つまり、次の図のようなイメージでExcelを起動しているんです。
Excelを起動する流れ
とび助
とび助
そうだったんですね!

 

gccはアプリの一種なのですが、Excelと異なる点があります。

それは起動するアイコンがないという点です。

なので、gccはコマンドプロンプトを使って先程の図のような起動処理を行っています。

コマンドプロンプトでgccと入力したときに「あの場所にあるgccのアプリを起動してね」とWindowsに伝えているのです。

 

では、gccが認識されていない状態とはどのようなものなのでしょうか?

それはWindowsから『gccのアプリが見つからないよ』と言われている状態になります。

つまり、『インストールの失敗によってアプリが壊れている』か『Windowsがアプリデータの保存先を知らない』という状態を意味するのです。

とび助
とび助
だから、原因が明確だったんですね!
トビタカ
トビタカ
そういうことです!

gccのインストール方法の再確認

ここからはエラーの解消する方法を見ていきましょう。

まずはエラーの原因と考えられる『インストールの失敗』がないことを確認していきます。

そのため、もう一度インストール手順を確認していきましょう。

トビタカ
トビタカ
再インストールしたほうが確実ですよ!
とび助
とび助
やり直してみます!

gccを正しくインストールするためには、Windowsが32bitが64bitか把握しておく必要があります。

次の手順で確認しておきましょう。

OSにビット数確認方法

 

gccをインストールデータを手に入れるために、まずはMingw-64のサイトにアクセスしましょう。

 

アクセスできたら、表の中から①『MingW-W64-builds』を探してクリックしてください。

Mingw選択画面

画面が下側に移動するので、『Mingw-builds』の下にある②『Sourceforge』をクリックしましょう。

 

すると次のような画面に切り替わります。

Mingwのダウンロード画面

 

5秒ほど待つとダウンロードが始まりますので、ダウンロードが終わったら③をクリックしてくださいね。

とび助
とび助
ここまではOKです!
トビタカ
トビタカ
では、次に参りましょう!

 

インストーラーが起動したら④『Next>』をクリックします。(次の画像の左)

Mingwインストーラー

すると右のようなセッティング画面が表示されますので、⑤『Architecture』をOSのビット数によって変更してください。

トビタカ
トビタカ
32ビットは『i686』、64ビットは『x86_64』を選んでください!

 

セッティングが終わるとフォルダ設定画面に移動します。

Mingwのフォルダ選択画面

ここでは特に変更なしで⑥の『Next>』をクリックしてOKです。

 

フォルダ設定が完了するとインストールが始まり、メーターが表示されます。

インストール進捗画面

メーターが溜まったら⑦『Next>』、⑧『Finish』をクリックすればインストールが完了です。

トビタカ
トビタカ
インストールミスならこの方法で解決しますよ!
とび助
とび助
まだ、エラーが出ます!
トビタカ
トビタカ
なら、パス設定をしていきましょう!

gccのパス設定のやり方

インストールが完了したら、gccのアプリがある場所(パス)をWindowsに教える設定をします。

まずは、⑨のWindowsの検索欄に『mingw-w64』と入力して、表示される⑩『Run Terminal』をクリックしてください。

run-terminal起動画面

 

するとコマンドプロンプトのような画面が表示されますので、⑪の白い部分をコピー(ドラッグしてCtrl+C)してください。

パスの確認画面
トビタカ
トビタカ
>echo offの前までをコピーしてください!
とび助
とび助
rev0までってことですね!

 

コピーができたら、⑫のWindowsの検索欄に『システムの詳細設定の表示』と入力して、表示される⑬『システムの詳細設定の表示』をクリックしてください。

システムの詳細画面表示

 

するとシステムのプロパティが表示されるはずです。

システムのプロパティ表示画面

⑭『環境変数(N)…』をクリックして画面が変わったら、⑮『Path』の部分をダブルクリックしましょう。

 

次の『環境変数名の編集』が表示されたら⑯『新規(N)』をクリックします。

新しいパスの設定画面

すると入力欄が表示されますので、先ほどコピーした文字を⑰に貼り付けて『\mingw64\bin』を追加で入力してください。

入力が終わったら⑱『OK』をクリックしましょう。

トビタカ
トビタカ
『\mingw64\bin』を忘れるとエラーが再発しますよ!
とび助
とび助
入力ミスがないことを確認しました!

おわりに

以上でgccの認識エラーを回避する設定は完了です。

最後に問題なく設定できたか、確認していきましょう。

コマンドプロンプトを開いたら⑲のように『gcc -v』と入力して、Enterキーを押してください。

パス設定の結果確認

いろいろな文字が出てきますが、最後にgccのバージョンが表示されれば認識されていることになります。

トビタカ
トビタカ
これで、あなたのPCでgccが使えるようになりましたよ!
とび助
とび助
助かりました!早速コンパイルしてみます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA